うめまつの日記

某書店で営業やってる新入社員

ひさびさに

仕事のことを語りたいけど、本日は卒業ぶりに部活の同期と会ったのでその感想を。各分野で活躍を目指して地道な努力を始めている同期たち。みんな各分野の中でもトップクラスの企業で各々努力しているようです。僕の職場は、決して年収が高いわけでも創造性が高いわけでも、憧れられる職種でもないです。少しだけ仕事のことを話したら、「大変そうだね」と。正直こんなにわかってもらえないものかと思ってます。ほんと自分はなにをやっているのだろうと、思うことをおもいつつ、そんなことを感じてしまうのも、大学入るまでなんだかんだ成功してきたからなのだと思います。社会人になれば、なにが成功でなにが失敗なのか、そんなに簡単に答えは出ません。だからこそ積極的に仕事に取り組み、積極的に人生を取り組まなければならない。同期にわかってもらえないのは苦しいですが、自分が積極的に頑張れる分野で、しっかりと力をつけていきたいと思います。努力したからといって決して年収が1000万に届くような分野でもないですが、人生はお金じゃないことを大切にしながら前に進んでいきたいと思います。でも、やっぱりいい企業で働いている同期はしっかりとした考えと行動をしてくれます。僕も前に進まないと。。。。

一歩一歩成長するのみです。酔った勢いで書いてしまいた。またこんど。