うめまつの日記

某書店で営業やってる新入社員

大学紹介シリーズ その2

どうもこんにちは。

幹事を任された忘年会も何とか乗り切り、残りは小口のあいさつ回りと、

引き継ぎで受け持った担当先でたまっている案件を少しでも年内中に決着を、ということでまだまだ仕事に追われます。

 

それはそれとして、第二回目。

 

今回紹介するのは、順天堂大学さくらキャンパス。

 

京成酒々井駅から車で5分程度。さくらというのは、おそらくすぐ近くの佐倉市と桜の掛詞だと思われる。あるいは、全国的には知名度の低い佐倉を嫌煙したのかもしれない。いろいろと推測はできるものの、住所は印西市

 

前回の大学に続き、こちらもスポーツ系の学生が集まる大学。

体育会系では、日体大・筑波大あたりと肩を並べる学閥の一つ。現在のスポーツ庁長官の出身校であり、学内掲示板では、その功績や活動が広報されている。

スポーツと医学の連携に熱心に取り組んでおり、さくらキャンパスではスポーツ健康科学部のほか、医学部1年生も在籍する。それゆえ教養系の教員も多く、おそらくスポーツ系の学生の教育に手を焼いている。

 

部活動ではサッカーや体操や陸上競技が有名。とくに陸上競技では、2020年オリンピックの米国練習地に決定。昨年の北京で行われた世界選手権でも、米国選手団合宿地としてグランドが使われた。グラウンドの近くには、大学記録が掲示されており、春になると、名前入りのゼッケンをつけたランナーも拝見できる。自分の名前を曝しながら、練習に励むには相当な精神力がやはり必要だろう。

ちなみに学内に本屋がなく、コンビニでジャンプが売っているくらい。学生はどこで本を買うのかがこのキャンパスの謎のひとつ。